抜け毛や薄毛を目立たなくさせる方法・対策とは?

ヘアスタイルを変える

抜け毛を減らす、薄毛を改善するというのは一朝一夕にはならないものです。育毛シャンプー、育毛剤を使ったり、食生活や生活習慣を改善した所ですぐに効果が表れるものではないのです。

人によっては薄毛が進行してきた事がストレスとなり、人前に出るのが嫌だという方もいます。そういった方は育毛対策をコツコツと続けるとともに、薄毛を目立たなくさせる方法を模索してみるのも一つの方法です。

薄毛を目立たなくさせる方法・対策としては、ヘアスタイルを変えるというのも一つです。定期的に理美容室に行くでしょうから、そこでヘアスタイルをちょっと変えることで薄毛を目立たなくさせることもできます。

例えば、ちょっと頭頂部が薄くなってきたという方は、敢えて頭髪上部を立たせてみたり、そこまでいかなくても短くすることでボリュームがアップし薄毛毛目立たなくなります。またオールバックにして隠すというのも一つでしょう。

M字状に禿げてしまっている人であれば、まだ軽度の状態なら前髪を厚く残して隠すというのも一つです。また、M字が進行してしまった状態なら、逆に隠すのではなく短くすることで目立たなく出来ます。極端な話、ショートヘアにすると清潔感が出て見た目もよくなるものです。

ただ、人によっては逆効果となるヘアスタイルチェンジをしてしまう方もいます。例えば頭頂部のボリュームがないのに、長く伸ばしてますますペターっとなってしまったり、M字ハゲなら前髪で隠そうと無理な流れになってしまったりします。ですので、自分では分からないという方は素直に理美容室で相談してみるといいかもしれません。

銀座カラーの月額制は人気があります

カツラ・ウィッグを被る

薄毛を目立たなくさせる方法として、一瞬でできる方法がカツラやウィッグを被るという方法です。カツラやウィッグを被ることで、薄い部分を隠す事ができるのです。

カツラはばれるから嫌だ、という方もいるかと思います。確かに、ひと昔のカツラはかなり違和感が合って、誰がみても被っているな、と分かってしまうものでした。もちろん今でも格安なカツラやウィッグであれば、バレバレになってしまいますが、今は数万円のカツラでも違和感なく被れるものが多いです。

今は白髪交じりの髪、茶髪、そして自分の髪の質などにも合わせたものなど種類がいろいろありますので、自分の髪と見分けがつきません。特に頭頂部などは生え際が見えませんから、ほとんどばれる事はないでしょう。

高価なものになれば、自分の頭の形や髪質に合わせたオーダーメードのカツラやウィッグを作れるので、より自然に被れる事でしょう。生え際などはどうしても見えてしまうものですが、最新のフィルムを張るタイプなら生え際もごく自然にみえます。

ただ、カツラやウィッグはあくまで薄毛を目立たなくするもので、抜け毛予防・改善にはなりません。それどころかカツラやウィッグを被り続けていると、中が蒸れて頭皮環境は悪くなりがちです。

それにより抜け毛がさらに多くなってしまう危険性はあります。ですので、自宅に帰ってきたらしっかりと頭皮ケアを行って、自宅に居る時は被らずに頭皮環境を整える事が大切になります。

シースリー の脱毛は安いです

植毛・増毛する

薄毛を目立たなくさせる方法のほとんどは抜け毛改善になるものではありません。結局のところ、自然な状態で髪の毛を見せるわけにはいかないものがほとんどです。できれば、帽子もカツラも被らずに、そのままの状態で生活したいという方もいるでしょう。それでいて比較的早く薄毛が目立たなくなる方法が良いと思うでしょう。

そんな方には植毛・増毛という方法があります。植毛とは以前は人工毛を頭皮に直接植え付けるという方法でしたが、今は自分の髪の毛を毛根ごと薄くなっている部分に移植するという自毛植毛というやり方が主流です。

この方法だと、植え付けた部分は一度抜け落ちますが、そこから自分の髪の毛として生えてくるのです。一度自毛植毛すれば、自分の髪の毛で薄毛を目立たなくさせる事ができるのです。増毛とは髪の毛1本に数本の人工毛を結び付けるという方法になります。そのため、髪の毛の量が増えて見た目も薄くないように見えるというわけです。

ただ植毛・増毛にもデメリットがあります。自毛植毛は自分の髪の毛を移植するのですから、当然切り取った部分は髪の毛が生えてきません。そのためヘアスタイルがある程度制限される事もあります。そして広範囲の自毛植毛はできません。

増毛は1本に数本の髪の毛を結び付けるため、1本にかかる負担は大きくなり抜けてしまう可能性が高いです。そしてその1本は成長しますから結び目がどんどん上がっていきます。ですので、定期的な増毛が必要になってくるのです。こういったデメリットも把握した上で試してみましょう。

脱毛ラボの全身プランが気になります